初期に気付きにくいむちうち | 札幌の交通事故治療やむちうち治療はケア整骨院グループ

初期に気付きにくいむちうち

トップページ > 初期に気付きにくいむちうち

後から出てくる
後遺症障害

むちうち症について

症状があるかどうかがポイントです。

病院で「異常がない」と言われたらむちうち症ではないわけではありません。診断する医師によって判断が分かれるくらい、むちうち症を正確に診断するのは難しいのです。
ですから、医学的知識も経験も持たない一般人が見極めることはなおさら容易ではありません。
一言でむちうち症と言っても、症状も様々ですし、身体の体調、治りの早さも異なります。
事故後に身体の不安がある中、治療や通院面でも負担に感じることもあると思いますが、交通事故による怪我は賠償請求なども関係してきますので、ケア整骨院グループに是非一度ご相談ください。
様々な症例を診てきていますので、親身にアドバイスさせていただきます。

むちうちとは

自動車の追突などによるケガで、発生頻度の高いものです

むちうちとは、交通事故の衝撃で体が鞭のようにしなるところからつけられた総称ですが、むちうちの全てが同じ症状で苦しむとは限りません。
体が急激に前方へ押しやられる間に頭はそのまま残ってしまい、結果として首部に損傷をうけるケースや手や肩を変な風に打ちつけた反動で筋肉を痛める場合もあり、範囲が明確になっていたり、症状が固定されているわけではありません。

事故からすぐに症状が現れるとは限りません

むちうち症は交通事故の代表的な症状で、様々な症状があり、後遺症が残る場合も多くあります。事故から時間が経って症状が現れることもあります。
事故直後には「大丈夫だった」と思っても、次の日や数日後に思わぬ症状に悩まされることがあります。
その場合は交通事故によるむちうち症が強く疑われますので、直ちに医療機関を受診してください。
その場合に、交通事故の場所と時間などの詳しい情報を医療機関に伝え、交通事故による症状であることを明言しましょう。
適切なタイミングで行動することは、後々後遺症に悩まされるリスクを軽減すると共に、賠償請求を行なう際にもトラブルを少なくすることができます。

体のあちこちに症状が見られる可能性があります

代表的な症状として首の痛みや肩の痛み、手のしびれや頭痛、吐き気などがあります。
そのほかにも意識障害やめまい、難聴や腰痛、下肢の知覚障害、膀胱直腸障害などがあります。

むちうちの症状はたくさんあります

ケア整骨院グループでは、医療機関による診断では問題がなかった方でも、症状を訴えている場合にはむちうち症の可能性が排除できないと考えています。
医師も確信をもって診断するというよりは、X線やMRIなどの結果で異常が確認されなかったという判断で「異常なし」とする場合もあります。
覚えておきたいのは、交通事故によるむちうち症で賠償請求をする場合には難儀することが多いということです。

グループ一覧BRABCH CLINIC